湯来とは?

湯来町は、広島市の中心部から約45分、温泉と豊かな自然環境に恵まれた山間の町です。

2005年に広島市と合併し、佐伯区湯来町となりました。

広島県内では珍しい、湯来温泉という温泉街を有し、

広島藩主の湯治場であった湯の山温泉、

休日には観光客で賑わう砂谷牧場、

利き鮎選手権で何度も準グランプリを獲得した水内川、

広島市内最高峰の大峰山、など、

多くの観光資源を有しています。

また、広島市内から1時間以内で、日本の原風景に出会えるということで、

観光客のほか、移住者も増えてきている町です。