湯来で、ボンカレーの琺瑯をめぐる放浪 ④

こんにちは。

 
IMG_5030


したたか
です。


あのボンカレーの琺瑯看板をさがして今回は
JR可部線の元「水内駅」からスタート。


なんだか、琺瑯看板がありそうな納屋を発見!!

R0013414

ありました!琺瑯看板。

 


R0013413

平和櫻 相良醸

ボンカレーではないけれど、
出足好調、足取快調。


そしてこんな大きな看板を。

 
R0013415


カクイわた。


赤ちゃんをおんぶして子守りをする女の子。足元は草鞋。

そして、あかちゃんの手には風車。


いまでは、こんなイラストの人をまったく見なくなりましたね。

 

この看板残念ながら琺瑯看板ではありません。

琺瑯タイプのものも、あるそうですが…。

 

そして、かなり錆びついたこちら。


R0013417

琺瑯ではないんでしょうか。

ならんで、こちら。

 

塩だけに錆びやすいかと思いきや


R0013416

こちらは、ピカピカ。


そのあとは…、


歩けど歩けど琺瑯看板は見当たらない。

どう見ても見当たらない。


つらい放浪に、沿道で声援を送ってくれる

R0013423

アンパンマン!

ありがとうございます。

でも、そのあとも歩けど歩けど…。

お客さんとの約束の時間は刻一刻と迫ってくるし。


ちょうどそのとき。

一日数便のバスがやって来る。

 

手を挙げて、バスに乗り

やれやれ、今回もダメだった…。
やっぱり湯来にはもうボンカレーの琺瑯看板は
ないんかもなぁ…。

ぼんやりと、バスの窓から外を見ると…


IMG_4990

松山容子さん!!


バスから、すぐにでも降りたい!!!!!!!!!!


でも、降りると約束の時間に間に合わない。


しぶしぶ、その日は諦めて。
後日、その場所へ。


IMG_4989

ちょうど、その家の方が出てこられ
伺ってみると


「ああ、これかぁー。こりゃあ、息子が二十年ぐらい前に

もろおてきたんよ。そんときは、これに凝っとったんよ。

ほいじゃが、飽きたんか、なげたったんでワシがここに
 つけたんよ」


その息子さん。いまでは県外の中華料理店のコックさんだとか。

インド料理じゃ、ないんですね…。

 

ボンカレーの琺瑯看板をめぐる放浪!はこれにて終了。

じつは、このタイプよりももっと古いバージョンが
あるそうですが…。


現在、ボンカレーはボンカレーゴールド21となり


IMG_5163


こんなパッケージに。


数年前、「おいしい進化は、とまらない。」と


IMG_5159

ンカレーネオが発売されました。

こちらは、フタをあけ、箱ごとレンジで2分で出来あがり。

 

IMG_5162

あの松山容子さんがほほ笑むボンカレーは

現在、沖縄県のみの限定販売とか。


どなたか、沖縄に行かれることがありましたら

お土産に松山容子さんがほほ笑むボンカレーを
買ってきてくださらぬか。

 

それでは、また。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください