湯来の山に今年はコブシが多いな~          と、思っていたら。コブシじゃなくて…。

こんばんは。


 IMG_7843


したたかです。

 

湯の山のしだれ桜を見に行くたびに、

今年は山に、白いコブシがたくさん咲いてるな
と気になってまして。


先日、湯の山のしだれ桜の桜守の竹下さんに


「今年はなんで山にあんなにたくさん
 咲いてるんでしょうか。コブシが」


と、聞くと。


「ありゃ、タムシバじゃ。コブシじゃあない」


と、竹下さん。

 

えっ、タムシバ?? 


♪コブシ咲く~、あの丘、北国の、北国の春~。


じゃ、なかったんですね。

 

ボクの周りでも、「コブシがきれいじゃねぇ」

と、言う方が多かったんですが…。


じゃ、そのタムシバ。

コブシと、どこがどう違うんだろう…??

 

IMG_7565

湯の山にお住まいに井本小夜さんに聞いてみると、


「花がついたときに、花のすぐ下に一枚葉っぱがついているのが、
 コブシ。
葉がついてないのが、タムシバ」

 

なるほど。


井本さん、ボタニカルアートを描かれているので

さすが、草木には詳しい。

 

こちらが、タムシバ。
 ↓
tamusiba

そして、コブシ。
 ↓
kobusi

「バ」がつくのに「葉」がつかないのが「タムシバ」と

 覚えるといいかも。

 

「それから、葉っぱの裏側が白っぽいのが、タムシバ。

 タムシバの葉っぱって、何と言えない甘い香りがするのよね」

 

タムシバという名も、噛むシバが転じてタムシバになったとか。

キシリトールのような甘さ、と言う方も。

 

そう聞くと、何としても「タムシバ」の葉を、

噛むシバしてみたくなりますねぇ。

残念ながら、今は、まだ花の時期なので

葉っぱが展開してくるのは、花が終わってからとか。

そのころ、山に登ります(忘れてなきゃ、いいですが)。
 

そうそう。

 

今日、家の周りをぶらぶら歩いていると…。


IMG_7846

おっ! 筍。

IMG_7839

おおっ!! ワラビ。

IMG_7842

おおおっ!!! タラの芽。

さあ、春の山菜の季節到来ですよ。


湯来特産品市場館に春の山菜が並ぶのも
そろそろでは…。

では、また。







Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください