あの3.5キロを手に、湯来の温泉街へ!!

こんばんは。

したたか2
 

したたかです。


さて、
こちらの、つづきを。


R0043714

と言っても、

「なんだっけ??」

でしょうから、
よろしければ、こちらを。

http://blog.livedoor.jp/tonarino_satoyama/archives/51695735.html


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

R0043887

事務所にあった、
あの3.5キロの焼型をもって

むかった先は、


R0043779

湯来温泉街にある船木さんのお宅。


「こんにちは。じつはこれについて…」

と、突然のおじゃまに

「ああ、どうぞどうぞ」

と、船木さんのケラケラ笑う明るい声に迎えられて
コタツの間へ。
船木さん、聞けば83歳になられるとか。

早速、あの3.5キロを見ていただくと

R0043693

「まあ、きれいにしとってじゃ」


と、懐かしそうに。


R0043747

「ここに湯来温泉と…」


えっ!? 湯来温泉…??


どれどれ…。


よ~く見ると、


R0043959

と、あるような…ないような。


かつて、この焼き型で
船木さんは、とある
まんじゅうを焼き
湯来温泉街の店先で販売されていました。


3.5
キロのこの重い焼き型で焼くのは
もっぱらご主人だったそうで
船木さんは生地と餡づくりを担当。


当時のまんじゅうは
生地をメリケン粉と卵と砂糖でつくり
中には、長い時間ことこと煮て作った
小豆あんが
入っていたとか。


その店も、いまから40年ほど前に閉じられ、
現在は、この焼き型を譲り受けられた方が
イベントの時などに、モチ粉を使って
まんじゅを焼かれたりします。

このモチ粉を使ったまんじゅうは
もっちりしておいしいんですよ。

でも、残念ながら
いまから40年以上前の
元祖!!とあるまんじゅうは
まだ、食べたことがありません。

となると
やっぱり、どうしても
食べてみたく
なりますよね。

ということで
この3.5キロの焼き型で焼いた、
とあるまんじゅうの話は

さらに、
つづく。

では、また。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください