今日の、湯来町!! 120718                 ママチャリライダー、遂に街へ行く!! その② たとえどんなことがあろうとも、「希望」を捨ててはいけません。


R0048535

ca51946b-s[1]したたかです。


さて、今日の、湯来町!! 120718 ママチャリライダー、遂に街へ行く!!!             その① 「氷」の旗が、はためくもんですから…。のつづきです。

imagesCAMVQM0OimagesCAMVQM0OimagesCAMVQM0OimagesCAMVQM0OimagesCAMVQM0OimagesCAMVQM0OimagesCAMVQM0O

R0048527

鮎釣りをする方を横目に見ながら、チャリは軽快に目的地へ!!


そうそう、「蓮始開」(はすはじめてひらく)は終わってしまい

ただいま、小暑の末候「鷹乃学習」。


鷹の幼鳥が飛ぶことを覚える頃なんですが、

さてさて、蓮は咲いたのか?

ひじょーに、気になりまして。

コースを少し外れて蓮池へ。


R0048528

う~ん、まだ咲いていません。

念願の「象鼻杯」はまだまだ先になりそうです。


チャリは、緩やかな下り坂をビュンビュンと下り

佐伯区役所湯来出張所前へ。


R0048529

あれ!? なんだこれ??

こんな道碑って、あったっけ??


右に行くと、本村湯山鉱泉拾三丁、久日市三里、温泉安野村三里、加計町五里。

左に行くと、上水内村湯来温泉一里、筒賀村四里、戸河内村五里。


いったい、いつごろ作られた碑なんでしょうか??

碑をぐるりとまわってみると、
「大正元年」に建てられたようです。
西暦で言うと、1912年。
この碑が建てられてから、今年がちょうど100年目にあたります。
当時は湯来温泉は、まだ湯来町ではなく上水内村だったんですね。

僕がこれから向かうのは、

かつて佐伯郡五日市町だった(たぶん…)ところなんですが。

はて、ここから何里??


< /span>

石碑に聞けど、語らざること岩のごとし。


で、
調べてみると、17.9キロ。

ということは、4.55里。


ここから、旧加計町や旧戸河内町に行くより

ちょっと近いということに。


と言っても、ママチャリで「加計」や「戸河内」に行ったことがないので

なんとも実感がわかないんですが。


ここからがしばらく、辛い!!

大森神社までの5キロ近く、ゆるやかな坂がだらだら続くんですよ。


暑い…。


こんなこともあろうかと、珍しくペットボトルに井戸水を入れてきたんですが

その水もどんどん減って行く…。

ホントに暑い…。


汗をダラダラ流しながら、ママチャリを立ちこぎしてましたら

R0048531

未来のシンデレラ姫の落し物。

ガラスの靴は、いまやクロックスにとってかわったようで。


このクロックスを手に、「妃を、探せ!!


と、ちらっと頭をよぎったんですが

そんなことをしていたら、コーヒー教室に到底間に合わないので

泣く泣く、あきらめました。

そして、なにがあったんでしょうか…。

R0048530

どなたかが、捨ててしまった「希望」が、かわいそうに路傍に。

そう言えば、昨年。

「希望のつくり方」(玄田有史)っていう本を図書館で借りたんですが、
「なるほどなるほど」と思うところも多く、おススメの一冊でもあります。

そのなかに、こんな一節がありました。


人生という長い物語を歩き続けるには、

無駄を適度にちりばめることも必要。


そうか!! この利松公民館までの22.2キロの長い道のりを

ママチャリで走りぬけるには、

無駄をちりばめてもいいんだ!!


と、ひとり喜んでおりましたら

どこからか、こんな声が…。


「適度に…」


そうですね、「適度に…」。

ついつい、「過剰に」盛り込みすぎてちゃって…。

猛省。


立ちこぎが続き、のどがカラカラに。

見ると、ペットボトルに詰めた水もカラカラに。


困ったな…。

と思っていたら…、

R0048532

R0048533

「水、冷えてます!!


って、鍋石明神社が手招きするでは。


お言葉に甘えて、湯来の銘水をゴクゴクいただき、


R0048535

ママチャリライダーの長くも「つらたのしい」旅のお供に

ぺットボトルに銘水を詰めて、

さ、一路、利松!!


と、漕ぎ出すも、


すぐに、なんじゃこりゃ!?

ってものに出くわしまして。

チャリは、早くもストップ!!

R0048539

ヘビ…でしょうか??

恐る恐る…、ちょっと手を突っ込んでみることに(??)。


R0048537

もちろん、なんともありません(あたり前ですが…)。


!? なにやら口にくわえている??

R0048538

玉のようなものをくわえています。一体これは??

このヘビ(たぶん…)、畑にそっと置いてあったので
猿よけなんじゃないでしょうか。

効果のほどを、畑の持ち主に今度うかがってみようかと。

R0048540

「コーヒーの淹れ方教室」講師の藤岡さんのお店
「ラ・カスエラ」の案内看板を通り過ぎ

あの大森神社に到着。


そう、恋愛成就、♡パワースポット(勝手に命名しました)の大森神社。


これは、寄らねば!!


R0048541

R0048542

「吽」の右目から発せられるLOVE光線に照れながら
写真をパシャパシャ撮っていると…、

音楽が流れてきました。


湯来町では、一日三回、「野ばら」が流れます。

6時、お昼12時、そして、夕方5時。

5時だけこんなアナウンスつきです。


5時になりました。みんな気をつけてお家に帰りましょう。


ただいまの時間は、ちょうど12時。

振り返るとそこに、

R0048543

「団栗亭」。


お昼は、おのずと「団栗亭」で。


R0048545

本日の日替わりランチ 和風ハンバーグときゅうり酢の物

たまたま、湯来町の某企業の社長がお昼を食べに来られてまして、

ビジネスランチとなりました(ちょっと、ウソ)。


店を出ると、そこに、

R0048546

ええ、無事帰ってくるからね。

あ、その前に、無事到着しないと。


利松まで、あと13.1キロ。開始時間まで、あと55分。
果たして、間に合うのか!?

つづく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください