湯来パン!! ~パンを訪ねて三千里。正確には9.039里~ 158banchi編 その①


R1007077

ca51946b-s[1]したたかです。


おひさしぶりです。暑いですね。
おひさしぶりと言えば、こちらも…。

R0054517

『湯来パン!!』。


このサイコロを振ったのは、確か先月? いやいや先々月?? 
いつだったけかなあ????

とにかくサイコロを振って出た目が、田舎のパン屋さん158banchiさん。
そちらへ、先日行ってきました。


今回の158banchiさんは、『湯来パン!!』企画最長の距離。
わが家から10.9㎞。順調に歩いて、2時間28分。
よりによって、こんな暑いさなかに歩かなくも…。
われながら、そう思います。
でも、歩かなければなりませぬ。
『母を訪ねて三千里』のマルコのように(べつに、マルコは歩いてばかり
いたわけじゃないんですが…)。

まあ、とにもかくにも、さあ、行くぞ!!!!

と、飛び出したただいまの時刻は、950分。


歩きだしてほどなくすると、真っ赤な車が停まりまして

「どこまで行くの?? 乗ってく??

こんな暑い中、田舎道を歩いている人なんかもちろん皆無。

そんな姿を不憫に思われたのか、ありがたい声をかけていただきました。

「あの~、歩いてパン屋さんまで行かなきゃいけないので、すいません…」


さすがに、どこまで行くかは言えません。
その遠さに唖然とされそうな気がしまして。

声をかけていただいたドライバーの方は、状況を察していただけたようで

「これ、あげるから。水分補給してね!!

と、くださいました!!

R1007078

おいしそうなミニトマト。
あまりのうれしさに、ちょっと目も潤んでしまいました。

コンクリートの照り返しを受けながら、うつむき加減に歩いてましたら、

R1007083

ちっこいじゃがいもがひとつころりと。
さらに数歩歩くと…、

R1007084

こんどはかわいいサイズのたまねぎがころり。
じゃがいも、たまねぎ…。そして、季節は夏…。
この先に、ころりと転がっているものは…、
そう、ニンジン!! 夏こそカレーだ!! 

R1007085

なんて、思惑はすっかりハズされて、きゅうり。
かなりしなびています。kappa 2湯ー太郎!! も食べなさそうなほど。
どうやら近くの畑から、猿が盗み出し途中放棄したものと思われます。
と、歩いていると…、

R1007088

畑。それも、なにやら微笑みかけている畑。
鳥獣被害対策にしては、効果が薄そうな(まったくなさそうな)気が…。
ちょっと、ズームしてみましょう。

R1007089

微笑んでいるというよりも、なにやら不気味な笑み…。
うすら笑いと言いましょうか…。
そのちかくには、こんなのも。

R1007090

まんまるお目目のクロネコ? ん!? のらくろ?? 
そののらくろ看板の後ろに回ると
反対面は…、ん? 

R1007091

なんでしょか、これ?? 
まさか、「オセロ型鳥獣除けサイン」?? 
なわきゃ、ないですね。
それにしても、これはいったい何でしょうかね。
暑い中、ひとり道路べりの畑の前でなんだろな?
と、立ちつくしているただいまの時刻10時52分。

結局答えの出ぬまま、田舎のパン屋さん158banchiへ
歩きだしましたとさ。

つづく。

では、また。明日!!(たぶん)

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください