湯来で、食育体験!! 乳搾り+エサやり+バターづくり+こんにゃくづくり

R1009330

ca51946b-s[1]したたかです。


先週の日曜日(3/9)、西区から元気なちびっこたちが

湯来へ食育体験にやってきてくれました!!


まずは、湯来町砂谷地区の久保アグリファームからスタート。


R1009333

牛の乳しぼり体験。なかなかうまく牛のお乳がでなくて、

苦労した子もいましたが、「牛さんのお乳は、あったかかった~!!」
とみんなうれしそうでした。


続いて、牛のエサやり体験。


R1009335

目の前で、長い舌をべろりと出してエサをねだる牛に、腰が引けながらも

エサやりをがんばる男の子。

「手をなめられちゃった~」と、うれしそうに話してくれました。

そうそう、エサやり体験を見ていましたら…、

R1009339

あの何ともラッキーセブンな牛「ラッキー」ちゃん?が、
すっかりりっぱな大人の牛に成長していましたよ。 


R0053397

生まれたばかりのころの「ラッキーちゃん」 。
ママチャリライダーが行く!! ~ぐるんぐるん湯来町~ 「久保アグリファーム」の巻 ①

R1009341

牛舎から場所を変えて、つぎはバターづくり体験。
ジェラート工房「アルトピアーノ」の店長の久保さんに教えていただきました。

R1009342

生クリームと牛乳が入った容器をみんなでひたすら振り続けます。


R1009345

シェイク!! シェイク!! みんなでシェイク!!
ちょべりべり最高!!(SMAP『shake』)と言ったところでしょうか?

R1009347

早い人だと、5分も振ればできあがり。
バターとホエー(バターミルク)に分離します。
栄養たっぷりのホエーは飲んで、残ったバター。こちらは、無塩バター。
軽くお塩をふり、バターが完成!!

R1009353

みんな無事バターができあがった後は、久保アグリファームの久保正彦さんを囲んで質問タイム。
は~い!! は~い!! と、次から次へと質問が。

R1009351

中には、久保さんもどう答えたらいいかわからなくなるような珍問も飛
び出しました。
ちびっこたちの奇想天外な質問に、僕したたかも思わず、笑っちゃいましたよ。

R1009326

ここ久保アグリファームには、牛の他にもこんなかわいい動物たちがいますよ。

R1009324

みんなでふれあいタイム。


出来あがったフレッシュバターをクーラーボックスに入れて
久保アグリファームを後に、湯来温泉へ。

R1009355

湯来ロッジ隣にある「湯来交流体験センター」で昼食をいただきます。

今日のお昼は、杉並台団地にある「しんた屋」さんのパン。
湯来パン!!~パンを訪ねて三千里。正確には9.039里~しんた屋編 その⑤


できたて新鮮マイバターをパンに塗っておいしくいただきました。

R1009357

もちろん、牛乳は砂谷牛乳。今回は、久保正彦さんの低温殺菌牛乳を。

「あっ!! さっきのおじさんの顔が写っとるよ!!!」
と、牛乳をごくごく飲んでいた男の子。

R1009359

午後からは、こんにゃくづくり体験。

湯来のこんにゃく名人「湯来ぷりぷりレディース」の方々に教えていただきます。

あらかじめ湯がいてあるこんにゃくいもをミキサーで細かくします。

どろりとなったこんにゃくいもを手で混ぜます。


R1009361

「うわあ、なんだか気持ちいいよ!!」


混ぜ終わったら、このこんにゃくを30分ほど寝かせます。
こんにゃくが昼寝をしている間に、「こんにゃくクイズin 湯来!!」を行いました。
クイズ形式でこんにゃくのお勉強。みんな、元気に答えてくれました。

R1009363

昼寝をから目を覚ました、こんにゃく。
炭酸ナトリウムを入れると色も変わり、ぷ~んと、こんにゃくのにおい。


R1009364


両手でやさしくなでるように丸めていきます。

「うわあ、ぷるぷるして気持ちいい!!」

R1009367

あれれ?? 丸じゃ、ないような。ま、いいか!!

R1009369

丸く形を整えたこんにゃくを大きな釜でぐらぐらとゆでます。

さあ、出来たてのこんにゃくの試食の時間です。
ポン酢やマヨポン酢(マヨネーズ+ポン酢)で、いただきま~す!!

R1009372

ん?おいしい~!! 

あっという間に、お皿のこんにゃくはなくなりました。

R1009375

みんなで作ったこんにゃくをお土産に、
今日の体験はこれにて終了!!
また湯来に来て下さいね。

では、また。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください