オヤマボクチ(ササユリがナビゲートします)

オヤマボクチは、
漢字で書くと「雄山火口」。
100815_oyamabokuchi_1

むかし、火打石で切った火を、
燃えやすい火口(ほくち)に移してから、
そっと吹いて、火を大きくしていました。
100815_oyamabokuchi

火口には消し炭や繊維が使われました。
このアザミの葉の裏には、細かい毛が
たくさん生えていて、白く見えます。
繊維をとって火口にしたそうです。

長野県では、蕎麦を打つとき、
この繊維を「つなぎ」に使うと聞きました。

このあたりでは「ウラジロ」と呼びます。
若葉は湯がいて山菜として食べますし、
ゴボウのような根は、味噌漬けにして食べます 。
最近ではドライフラワーとしても使います。

 ホトトギスが咲き始めて涼しさを感じさせます 。
100815_yamajino
これはヤマジノホトトギス。
子供が花を食べ て遊んでいました。
ちょっと胡瓜のような香り があります。
 

ゲンノショウコは
有名な民間薬で、これを煎じてから、
熱いうちに服むと下痢に利くので 「現の証拠」。
冷たくして飲むと、便秘に効くのだそうです。
100815_gennosyouko_R100815_gennosyouko_W

関東地方では白花、九州では赤花ですが、
湯来には、赤白、両方があります。

 キンミズヒキが咲き始めると、秋ですねぇ。
100815_kinmizuhiki
金色の水引に見えますか? 
漢名は「龍牙草」。
濃く煎じて服むと、殺菌・止血 作用があるそうです。

sasa
 ナビゲーターはササユリでした。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください