マントカラカサタケ(ササユリがナビゲートします)

秋になると、湯来では、
いろいろな種類のキノコが顔を出します。

バレーボールのような大きなオニフスベは、
14日のブログでしたたかさんが
紹介しておられましたね。

今日、わたしが紹介するのは、
おなじように大きな白いキノコ、
マントカラカサタケです。

1101006_mantokarakasa-1JPG
土から出てきたときは
白い棍棒のようなキノコです。

1101006_mantokarakasa-2JPG
頭のてっぺんには、
褐色の表皮が破れて残っています。

1101007_mantokarakasa-3JPG
傘が開くと、
ツバがマントのよにうに
垂れ下がっているのが見えます。

ふと顔をあげると、
アケビが熟しているのが
目にとまりました。
101017_mitubaakebi

葉っぱが3枚ですから
ミツバアケビです。
甘い実を口に含んで、
種を飛ばしたことはありませんか。

秋の一日、
湯来の散策はいかがでしょう?

sasa
ナビゲーターはササユリでした。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください