タラノキとコシアブラ(ササユリがナビゲートします)

最近では
スーパーでも目にすることが多いので
タラの芽はよくご存知でしょうね。

山に入って
春の香りを楽しむのだったら、
先端の芽が大きくて良いですよね。
110130_tara1
今はこのくらいの大きさです。
スーパーに出ているのは
「ふかせ」栽培です。
芽のついた枝を短く切って、
ハウスの中で芽吹かせたものです。
これは先端部だけではなくて、
枝の途中にある芽も使います。
110130_tara2
先端部の芽と違って、
あまり大きくなりません。
途中の芽はたくさんあるので、
一つ一つは小さくても、
全部が芽吹くと、
結構な収量になります。
タラの芽は、
湯来でも生産していますよ。

山菜好きな人は
コシアブラもご存知でしょうね。
こちらも「ふかせ」栽培できますが、
先端の芽を使います。
110130_koshiabura
途中の芽が使えないので、
コシアブラを生産している
農家は多くありません。

テンプラ、汁の実、炊き込みご飯・・・。
山で採るのが一番ですが、
全部とらないで、
芽を残しておいてくださいね。

sasa
ナビゲーターはササユリでした。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください