アブラチャン(ササユリがナビゲートします)

3月16日の雪は、
110320_aburachian_1
アブラチャンにも積もりました。

まだ、葉を出す前ですが、
110320_aburachian_2

110320_aburachian_3
薄緑色の花をつけています。
110320_aburachian_4

アブラチャンは、今年1月16日のブログ
「雪の中で(ササユリがナビゲートします)」
でも紹介しましたが、
クスノキ科の植物で、
クロモジやヤマコウバシと近縁です。

属は同じで、
下位分類の節が違う
とする意見や、
クロモジとは別の属
とする意見があります。

秋になって、大きくなった
1センチ5ミリほどの実をあつめて、
灯明用の油をとったそうです。
木の皮にも油が多いので、
生木でもよく燃えます。

名前のアブラは油の意味ですが、
チャンは、瀝青(れきせい)のことです。
原油が蒸発したあとに残った瀝青は、
チャン(chian turpentine)のほか、
ビチューメン(bitumen)、
ピッチ(pitch)などとも呼ばれます。
舗装に使う、
アスファルト(asphalt)や
石油タール(tar)
と思えば良いでしょうね。

アブラチャンが咲くと、
次はクロモジが咲いて、
いよいよ春が来ます。

避難しておられる皆様、
もうすぐ暖かくなりますよ。
どうぞ
お身体に気をつけてくださいね。

sasa
ナビゲーターはササユリでした。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください