ガマズミの花盛り(ササユリがナビゲートします)

若緑の木々の間に、
白く見えるのは、
110515_gamazumi

ガマズミの花。
花びらが5枚あるように見えますが、
ひとつにくっついています。
雨にぬれた地面に落ちたさまは、
たくさんの星をちりばめたようです。
この写真を良く見ていただくと、
葉柄がはっきりしていますね。

葉柄が無いのは
110515_kobanogamazumi

コバノガマズミ。

どちらも、秋になると、
小さな赤い実をたくさん着けます。
ホワイトリカーに漬けると、
きれいな赤いお酒ができます。

あまり目立たないのですが、
薄い緑色に垂れ下がった花は、
110515_turibana

ツリバナ。
白木の弓に使うという
マユミの仲間です。
こちらも、秋になると、
赤い皮を被った種子をくっつけた
赤紫の実が垂れ下がって、
とても可憐です。

もっと目立たない花は・・・。
110515_kobanohanaikada

葉っぱの真ん中に、
緑色の花が着いているのが
判りますか?。
葉っぱの筏に乗ったように見えることから、
ハナイカダ。
写真は、葉が小さいので、
コバノハナイカダです。
花の柄と、葉の中央脈とが合体して、
このような姿になるのだそうです。
若い葉は、癖の無い山菜です。
秋になると、
黒紫色の実が着いて、
これも食べられます。

地面には
110515_ginryousou

ギンリョウソウが咲いていました。
葉緑体が無いので、
真っ白です。
白い龍のように見えるので、
銀龍草。
普通に種をつける高等植物ですが、
腐植質から栄養をもらいます。

sasa

ナビゲーターはササユリでした。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください