梅雨の名残り(ササユリがナビゲートします)

梅雨明けの発表がありましたが、
キノコがたくさん顔を出しています。

キノコの女王ともいわれるのは・・・

110710_usukikinugasa

ウスキキヌガサタケ。

暗いうちから
頭を出して、
日の出のころに、
レースを広げます。

朝日に照らされると、
しおれてしまって、
午後には
無残な姿になります。

もともと、数が少ないことと、
姿を見せる時間が短いことから、
見る機会が少ないからでしょうか?

先日のテレビ
「探偵!ナイ◎スクープ」でも、
取り上げられていましたねっ。
http://asahi.co.jp/knight-scoop/
(地域によっては、まだ放映されていません)

姿の美しいキノコですから、
写真展などでもお目にかかります。

たとえば、
現在、全国を巡回中の、
日本自然科学写真協会の
32回SSP展など。
http://japan-inter.net/ssp/
広島は、2012年3月31日から16日間、
広島市こども文化科学館で開催されます。

ほかには、
ウサギの耳のような、

110710_mimibusatake

ミミブサタケ。

食べてもおいしい、
110710_tamagotake

タマゴタケ。

「キ◎コの山」そっくりの
110710_tengutakedamashi

テングタケダマシ。

黄色の傘の先に
指のような突起のある、

110710_kiibokasatake

キイボカサダケ。



まだまだたくさん出てますよ。

sasa

ナビゲーターはササユリでした。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください