火の伽(ササユリがナビゲートします)

明日、1月23日は旧暦の元旦。
今日は旧暦12月29日ですが大晦日。

「大(おお)三(み)十(そ)日(か)」、
「大(おお)月(つ)籠(ごもり)」
ともいいますね。

大分、宮崎、熊本の山間部では、
大歳(うーどし)と呼びます。

宮崎県の椎葉村で
焼畑を営んでこられた、

120122_soba_naka

椎葉秀行(故人)、クニ子ご夫妻にうかがった話です。

大歳(うーどし)には、
掃除をして穢れを祓い、
正月を迎える準備を終えます。

夜になると正装に着替えて
家族が座敷「出居(でー)」の

120122_de

囲炉裏の周りにあつまって
寝ないで正月を迎えます。

囲炉裏には、大きな薪をくべて
夜通し焚き続けます。

これを
「火の伽ぎ(ひのとぎ)」
と呼んで、
正月5日間(ごかんにち)は
火を絶やさないようにします。

このときの
薪に使うのが
「樫」や「こうはり」。

「樫」はシラカシ、
硬くて火持ちが良いからです。

「こうはり」は

120122_kanakugi_1

カナクギノキ。

120122_kanakugi_2

クスノキ科で香りが良いからでしょうか。

正月は、
若水を汲んで、
茶を淹れて、
オカン(里芋)を煮て、
神仏に祈ってから戴きます。

その後は、
家に籠って
「物忌み」して
静かに過ごします。

焼畑では、
最初の年に

120122_soba_mi

ソバを作るのですが、
(冒頭の写真もソバの花の中で撮りました)
大正月の行事には登場しません。
そのかわり、
小歳(こどし=小正月)に、
小豆餡を入れた「びん饅頭」
というのを作った
と伺いました。

湯来の
昔の正月行事についても
今のうちに
聞き書きしておきましょうか。

sasa

ナビゲーターはササユリでした。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください