キクバヤマボクチ(ササユリがナビゲートします)

120805_kikuba_yamabokuchi

乾燥した葉をもむと、
白い繊維が残ります。

火打石で火を切るとき、
火種を受ける火口(ほくち)に使うので、
この仲間は、一般に
ホクチアザミと呼ばれます。

これはオオヤマボクチ
と思っていましたが、
葉の切れ込みが
大きいので、

120805_kikuba_yamabokuchi_ha

キクバヤマボクチでした。

まもなく立秋。
ヤマグリが

120805_yamaguri

大きく育ってきました。

マタタビの実も

120805_matatabi

大きくなって、

アケビの実も

120805_mituba_akebi

大きくなっています。

背景に葉が写っていますが、
これはミツバアケビですね。

sasa

ナビゲーターはササユリでした。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください