雪模様(ササユリがナビゲートします)

急に寒くなりましたが、
まだ雪が降ったわけではありません。

雪模様というのは、

121111_Daimonjisou_1

ダイモンジソウの雅名です。

花の形が

121111_Daimonjisou_2

「大」という字に似ているので、

121111_Daimonjisou

大文字草だそうです。

おなじ仲間のユキノシタが梅雨時に咲くのに対し、
ダイモンジソウは夏から秋の終わりにかけて咲きます。

そろそろ雪の季節に近づいたころ、
緑の葉の上に咲く白い花を
初雪に見立てて
「雪模様」と呼ぶのでしょう。

ところで、
どなたか「かとう蘭」をご存知の方はありませんか?
以下、法人理事の佐々木章さんから伺った話です。

01_くハとう蘭旧広島浅野藩の絵師、岡岷山の自筆本
「都志見往来日記 」(1797)に

「道の邊り、くハとう蘭、雪もやう美しく花咲り」
という記述がある。

この年は7月に閏月があったので、
日付にある8月23日は、
新暦では10月中旬に相当する。

「かとう蘭が、雪模様のように美しく咲いている」
と読めるが、
「かとう蘭」がわからない。

ヤマゼリとも言われるが、
絵師である岷山が
「雪模様」と形容するだろうか。

これがダイモンジソウなら、
「(雅名のとおり)雪模様のように美しく咲いている」
と読めて、
文章が落ち着く。

また、
それなら「くハ」は「火」かも知れない。
「大」も「火」も、字は似ている。
というものです。

ブログ読者のみなさん。
どなたか「かとう蘭」をご存知ではありませんか?

sasa

ナビゲーターはササユリでした。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください