GWまっただ中!! 今年も、水内川を鯉が飛ぶ!!

帰ってきた
1帰ってきたしたたかです。

GWまっただ中、みなさん山に海に楽しい時をお過ごしではないでしょうか。
僕、帰ってきたしたたかは、ただいま本業にいそしんでおります。

そんなこともあり、GW中の湯来のイベントごとに、ママチャリで駆け付けることが、大変難しくなっています。もうひとり、帰ってきたしたたかがいるといいんですがね。

さて、とは言いながら、夕方、本業が落ち着いたころを見計らって、数年前からずっと気になっていた場所へいつものママチャリ1号で行ってきました!!

R1007734

秋には、こんなににきれいな紅葉を見せてくれた、湯来町麦谷のいまだ湯来工場。

R1012278

ただいま、まもなく5月。アメリカフウも瑞々しい若葉のころです。

以前、『湯来パン!!~パンを訪ねて三千里。正確には9.039里~』のピーターパン編 その④で、4月の終わりにちょうどこの先を通りかかると…、

R0053518
撮影:2013.4.30

水内川の上を気持ちよさそうに泳ぐ鯉のぼりたち。その数40以上。車を停めて、しばし鯉に見とれるひとも多いこの風景は、この季節の湯来の風物詩のひとつにもなっています。

毎年、鮭のようにちゃんと(?)この川に戻ってきてくれる鯉のぼり。いったい誰が、鯉が戻って来やすいように、陰で尽力されているんだろ? 前から、ずっと気になっていました。

「4月27日(日)夕方4時ごろから、また今年も鯉が帰って来るわよ!」

と、情報をいただきこの場所へやってきました。

R1012169

力をあわせてワイヤーを、よいしょ!! と、引くみなさん。

R1012174

まだこの季節、川の水は冷たいはずなんですが、そんなことはものともせず、じゃぶじゃぶと川の中へ入っていくおじさん。鯉ちゃんのためなら、エンヤコラですね。

R1012175

集められた鯉のぼりをひとつずつワイヤーにとりつけていきます。

R1012179

一年ぶりのこの時が、楽しくてしょうがないみなさん。

R1012186

笑顔が河原にあふれます。

R1012189

そして、飛ぶ日をいまかいまかと待つ、鯉も河原にあふれています。

R1012193

R1012194

R1012196

R1012200

さあ、いよいよです!! 鯉が空を飛びますよ。

R1012203

水内川から空へと、鯉が飛び始めます。

R1012206

R1012209

R1012212

今年も、鯉が飛びました!! 春の光をうけてきらきらとひかる水内川の上を。気持ちよさそうに。その数、50匹近く。

では、こ
んな曲でも聴きながら、水色の水内川の上を、うれしそうに泳ぐ鯉たちを愛でましょう。
いろいろ取り揃えてみましたよ。お好みにあわせてそうぞ!!

●ポール・モーリア版 → http://www.youtube.com/watch?v=QnsqBCSBW88&feature=player_detailpage

●ヴィッキー・レアンドロス版 → http://www.youtube.com/watch?v=wPMoHcYhwwI&feature=player_detailpage

●シルヴィ・バルタン版 → http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=m8PJxkGdMac

●由紀さおり版 → http://www.youtube.com/watch?v=iL3DEfRsW0I&feature=player_detailpage

R1012223

R1012224

R1012228

R1012238

R1012244

R1012235

R1012230

R1012232

R1012250

R1012253

R1012256

R1012258

R1012264

R1012266

R1012267

R1012273

R1012275

無事、水内川の上を鯉が舞い、一安心のみなさん。うれしそうに泳ぐ鯉をお孫さんを見るような優しい目でじっと見ておられました。

R1012276

この子供の日の湯来の風物詩が始まったのは、今から30年前(僕もまだ生まれていません…、と言いたいところですが、その時すでに、年齢では大人になっていました。すいません)。当時、地元の若手(30代前半)が集まって、子供が少なくなったこの地域で、子供によろこんでもらえそうなことが、なにかできないかと、始まった「水内川の上を泳ぐ鯉のぼり」。会の名前は、「缶一会」(かんいちかい)。いまでは、呼び名もちょっとおしゃれ(!?)になり「KICC」(ケイ・アイ・シー・シー)となりました。若かった会員も、いまでは60代前半に。

「子供も数は、減っていく一方じゃけど、これは続けていかんといかんよのお。やっぱりのお」

と、みなさん。そんな皆さんが頭を悩ませていることが、もうひとつ。毎年あげる鯉のぼりが痛んできて、数が減ってきたんだそうです。もし、もう一度飛べる日を夢見て眠っている鯉のぼりがありましたら、ぜひぜひ、湯来町を流れる水内川の上を、気持ちよく泳がせてあげませんか。風薫る5月の湯来の空を、思いっきり泳がせてあげましょうよ。

ご賛同いただける方がいらっしゃいましたら、ぜひ当NPOまでご連絡ください!!

では、また。

追伸 すいません。肝心なことを書き忘れていました。
この鯉のぼりの場所は、広島市佐伯区湯来町麦谷 バス停「一松寺前」の近くです。
地図はこちら!! → http://bustei.publicmap.jp/print/521888

追伸その② この鯉のぼりは、5月6日まで水内川を泳ぐ予定です!!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●KICC
 TEL:090-4897-4333(会長:坪井和雄)

●NPO法人 湯来観光地域づくり公社
 TEL:0829-85-0670
 営業時間:10:00~17:00
 お休み:土曜・日曜日・祝日

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください