湯来の良心

こんにちは、平八です。
一日遅くなって記事を書いています、、、

まずは我らが「古民家ギャラリー SATOYAMA」
の今週の展示の告知から。

水石展’’’’
10月 8(土)、9(日)、10(月・祝)
の三日間で行います「水石展」の展示風景をちょこっと

DSC00183

DSC00182

水石、、それは小さな大宇宙
おおいなる自然美の縮図

わたくし平八、本日お客様が少なめなのをいいことに
石の一つ一つを存分に堪能させていただいております。
石一つでご飯3杯どころではなく、半生くらい十分に受け止めてくれます。

どうか私の幸せなひと時を邪魔しない程度に、ご来場願います。

さて、おとといギャラリーの掃除をしていた時の話ですが、
古い机の裏に、こんな物を見つけました。

DSC00159

 上水内はここら周辺の地名なのですが、その下に

「湯気」

ゆき?ゆげ?しゃれ?当て字?

昔の人は自分の名前を当て字にして楽しんだ、と聞きますが、
これもしゃれっ気で書いたものでしょうか?

ちなみにDSC00160

昭和 えーっと、ウン年と書かれています。 

どなたか詳しい方、私にことの真相を教えてくださ~い

今回のタイトル「湯来の良心」ですが、紙面が残りわずかとなってしまいましたので、
次回に持ち越したいと思います。

お楽しみに!!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください