そうだ、ツリーハウス!! ③ ~ ついに、ツリーハウス!! そして、バタヤン!?~


帰ってきた

1
帰ってきたしたたかです。

お待たせいたしました!! こちらの続きです。

R1012051

ff245a7a-s[1]ほら、あれ。ツリーハウスじゃ!!

1うおおっ!! あの先に見えるのが、憧れのツリーハウス!!!!!!!!! 

R1012068

なんともまあかわいらしいツリーハウスが見えてきましたよ。

R1012054

なめるように、ツリーハウスをぐるりと。

R1012053

では、中はどんなカンジでしょうか。見てみましょう。ドキドキ!!

R1012052

うおおおっ!! これは、きゃわいいなあ~!! 

R1012055

砂谷分校(だったような…)で昔つかわれていた机と椅子。
こんなのを見ると、ホントくらくらしてしまいます。思わず、こんなのを聴いてしまいました。→
https://www.youtube.com/watch?v=txco4i2GpTE

そうそう、今日みたいな、雨の日は、こんな小さな家で、本なんか読んだら最高~!!でしょうね。この絵本なんかいいかも。
o0500050010669626373[1]
1では、さっそくあがってみましょうか。

ff245a7a-s[1]悪いのお。はしごがめげとるんじゃ。孫がのお、こんどおじいちゃん直してあげるけえ、ゆうて言いよるんじゃ。このツリーハウスは、孫がまだ小さいころにの、楽しいじゃろうと思おてつくってやったんじゃ。

そのお孫さん、この春から、大上牧場で働き始めたんだそうです。そう語る、大上さんの笑顔に、こっちらもにこにこ顔に。

ff245a7a-s[1]おお、あれを見てみんさい。ほらほら、あれ!!

R1012058

ツリーハウスの上のあたりを指さす大上さん。その指の先を見てみると…、

R1012057

ff245a7a-s[1]ふくろうがおるじゃろ!!

「森の物知り博士」、「森の哲学者」。そう言えば、こんな言葉がありましたね。
『ミネルヴァの梟(フクロウ)は黄昏とともにようやく飛び始めれる。』
ひょっとすると、大上さんもこの言葉が好きなのかもしれません(訊きはしませんでしたが…)。

1えらく立派なフクロウですね。大上さんが彫られたんですか?

ff245a7a-s[1]ああ、ありゃあ友達からのお、もろうたんよ。ええじゃろ。

1いいですねえ!! とてもいい!!です。こんど、フクロウを作ってみたくなりました。

憧れのツリーハウスを後に、ふたたびサイロの場所へ。素敵なボディとカラーの車が…。

R1012069

1…。

ff245a7a-s[1]おお、これはあれじゃ!! クリント・イーストウッドがでてたあの映画。「マディソン郡の橋」にもでとった車。シボレー。

1あ、「マディソン郡の橋」、読みました(当時、売れていた本をノンジャンルで読まなければならない状況が一回だけありまして、それで読みました。「日本改造計画」(小沢一郎)も読みました。ふだんなら、まず手を出さないジャンルの本ですが…。えええっと、こんな車がでてきたんだっけ?映画は観たような、観なかったような…)。これでしたかね。その車。

R1012070

ff245a7a-s[1]アパッチ10言うての、これはの…、★▽@~&$##…。

1…。

エンスー度が極端に低い僕にとっては、?が5つ並びました。ママチャリライダーですし…。

1この車で湯来を走られたことも、あるんですか…?

ff245a7a-s[1]おお、あるよ!!もちろんじゃ。おお

湯来町の緑の中を、こんなかっこいい車が走るなんて、くらくらします。ホント、絵になるでしょうね。そうそう、この真っ赤なポルシェに負けず劣らず。→https://www.google.co.jp/url?q=http://www.youtube.com/watch%3Fv%3Dw0COC1QZpyo&sa=U&ei=QtyCU9axHJTc8AWs1YDABg&ved=0CDcQuAIwA1AB&sig2=MCJQOYnLV7touLCpQwSHXg&usg=AFQjCNHT9jLNlfd_gYzNW33GTnSdtwWLfw

ff245a7a-s[1]おお、そうじゃこれこれ!! 

と見せていただいた、一枚の写真。

R1012072

シボレー・アパッチ10の前で、腕を組んでなにやら見つめておられるこの男性…。誰でしたっけ??

ff245a7a-s[1]田端義夫じゃ。

1えっ!? 田端義夫?? バタヤン…、ですか??

ff245a7a-s[1]そうじゃ、バタヤン。

1昨年、亡くなられた…。バタヤンですか…。

昨年の4月25日。肺炎で亡くなられたバタヤン。享年94歳でした。生前、ここ大上牧場に立ち寄られ、このシボレーの前で、写真を撮ってくれと言われ、撮った写真なんだとか。バタヤンとシボレー。そして、その後ろに控える雄大な山は、阿弥陀山。

R1012073

晴れた日には、ここから瀬戸内海が見えます。山間の湯来で、海が見える貴重な場所です。このブログにも書かれてますが、トレッキングコースに楽しそうです。ヒルクライムレースの会場としても、気もちよそそうですね。

そうそう、今年の「湯来ヒルクライム」はどうなるのか?
ただいま、9月20日・21日の二日間で調整中です。詳細が決定しましたら、速報いたしますので、お楽しみに!!

ところで、振り返ってみましたら、昨年の12月に開催された「湯来ヒルクライム 2013」の様子をまだブログUP!していませんでした…。それどころか、昨年の3月に行われた「プレ大会」の様子も、こちらで止まったまま…。毎度毎度ですが、すいません…。

ちょうど、と言ってはなんですが、先ほどTwitterを見ていましたら、こんなのがありました。

村上春樹(はるきちくん)村上朝日堂bot @hrk_asahido_bot
才能とは何か?…✄…ものすごく特別な、巨大な才能を例外にすれば、何か目標を定めて、ずっと努力し続けられる力こそが才能の中核ではないでしょうか(村上春樹06/3/25)

ずっと努力し続けられる力を、ちょっとづつつけて行きたいと思いますので、よろしければあたたかい目で見守ってやってください。がむばります!!

R1012075

さて、愛車のママチャリ1号を置かせていただいた「空口ママのみるく工房」へふたたびもどってまいりました(別に、「犯人は、必ず現場に戻る」ではないんですが…)。お店も、すっかり開いてスタッフの女性の声も聞こえてきます。

1おはようございます!! すいません、あの自転車…。

1385744_1388703288034083_261733445_n[1]あれ!? 帰ってきたしたたかさんの自転車だったんですかあ?? もう、ホントびっくりしたんですよ。朝来たら、お店の前に自転車が置いてあるから…。いろいろ心配したじゃないですかあ。

1ですよね。すいません…。

空口ママのみるく工房で「半どら」を二個買って、ママチャリにふたたびまたがって向かった先は、こちら!! 

R1012076

砂谷郵便局。何しに行ったのか? こ
こから先は、「ツリーハウス」とは離れますので、また別の機会に。

そうそう、ツリーハウス。湯来にたくさんできると楽しいだろな~!!
と、思いにふけっております。

BKwLd5gCcAA482v[1]

こんな、おしゃれなツリーハウスもいいな。
「湯来のツリーハウスをめぐる冒険」なんて冊子も作れたら楽しいだろな、と。
まずは、候補地探しと一緒に作る過程を楽しんでいただける方の募集でしょうかね。
ひとつ、やってみるべ!! と、いう方がいらっしゃいましたら、コメント欄に「やります!!」と書いてくださいね。

では、また。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください