そうだ!湯来の滝 行こう!③ ~湯来の婚活必勝スポット!出会いの滝とチョウザメパーク~

帰ってきた
1したたかです。

朝晩が涼しくて、どうやら暑さのピーク!は超えたようですが、まだまだ続きます!「そうだ!湯来の滝 行こう!」。
第3弾をお届けします。

過去の「そうだ!湯来の滝 行こう!」はこちら

① ~珈琲山荘Nodusで、滝の涼しい風と、おいしいランチをいただこう!~
② ~湯来のパワースポット!石ヶ谷峡で川あそび!~

第三弾です!


今回は第三弾ということで、三本の滝を見に行ってきました!(たまたまそうなっただけなんですが…)珍しく、てくてく歩きや、ママチャリじゃなくて、ちょっとドライブしてきました。


P1040603

湯来温泉・湯来ロッジからさらに上流に向かって進むと、道路そばに、「大山地の滝」。


P1040604

ちょっと小雨が降っていて、足元があぶなかったので、奥までは行きませんでした(こんな滝です!と、以前撮った写真を探しまわったんですが、みつかりませんでした)。

 

その「大山地の滝」から、ほんの数メートル進むと、道路沿い下に、「宮ヶ瀬の滝」。


P1040602

雨がふったおかげで、コーヒー牛乳な滝。水量も多く、ド迫力!の宮ヶ瀬の滝となっていました。


さあ、最後の滝、湯来の婚活必勝!スポットを目指して、車を走らせていると、
ちょうどお昼も近し!ということで、道をちょっと外れて、廣島蝶鮫青空館へ。

P1040578

チョウザメパークの入口から、奥へ進んでいくと、

P1040579

珍しいチョウザメ料理がいただける、こちら青空館

入口の太鼓をドンドンドドン!とたたいて、おじゃましま~す!

席について、あれこれそれの注文も終わり、開催されている「藤本知之写真展」を観ました。

P1040582

チョウザメパークの近くにある「リアルかかしの里山」のかかしたちを撮られた写真展(すいません、ちょっとボクの写真がピンボケです…)。

次回展示予定は…、

P1040580

映画「びったれ!!!」撮影写真他…!!!


そうそう、今年の3月。ときおり雪の降る寒いころに、ここ湯来町で映画「びったれ!!!」の撮影が行われました!
ここ「廣島蝶鮫」もその現場のひとつ。

P1040581

出演者のサインまみれのチョウザメ!!

P1040589

ん?これは主演のあのひとのサイン…では。

そう、田中圭

P1040590

こんな看板や、

P1040591

トラックには、「杉山蝶鮫」…。

ん?廣島蝶鮫、いつから屋号を変えたのか…?

すべての謎は、この映画を観れば一目瞭然!
びったれ!!!
11月28日封切です。
これは、絶対、観に行かなきゃ!ですね。

さて、食事が運ばれてきました。
では、いただきま~す!

P1040585

チョウザメキャビア茶漬 

チョウザメ漬け、キャビア、野菜・山菜天ぷら、軟骨の南蛮漬、あら煮、燻製、肝。

P1040586

チョウザメリッチランチ

チョウザメの刺身、軟骨の南蛮漬、あら煮、チーズ焼、ゆずこしょうのずけ、チョウザメの天ぷら、子持ちこんにゃくの天ぷら、野菜・山菜天ぷら、ごはん、味噌汁。

P1040587

チョウザメずけ丼

ずけ丼、軟骨の南蛮漬、あら煮、チョウザメの天ぷら、子持ちこんにゃくの天ぷら、野菜・山菜天ぷら。

 

チョウザメにキャビア!なんとも贅沢なお昼に、こころもおなかも満福になった後は、いよいよ最後の滝へGO~!

P1040593

来た道を、ちょっと引き返すと、トンネル。

バスが向かっている方向に行くと、先ほどの「チョウザメパーク」。

今度は、トンネルの方に向かいます。

P1040594

トンネルを抜けると、そこは…、

ふたたび狭い道になり、橋を渡って、左折。吉和のもみのき森林公園方面へ。


P1040595

100m進むと、橋。

橋の向こうは、廿日市市(旧吉和村)。

P1040596

橋のこちら側は、広島市佐伯区湯来町(旧佐伯郡湯来町)。

P1040599

この橋を渡ってすぐの左側に、なにやら素敵な名前の滝があります。

P1040597

出会いの滝。

活にピッタリ!な名前の滝ですね。


P1040598

雨が降って足元が悪かったので、出会いの滝に行くことができなかったので、以前行った時の写真をご覧ください。

R0017577

ふたつの滝が出会う、なんともステキ!な場所です。

♡パワーを充電したい方に、もってこいのところ。

出会いの滝に別れを告げて、引き返していると、こんなモノが…。

P1040600

気持ちよく清流で遊んで、おいしいBBQを食べて、たのしい素敵な一日を過した後の、なんとも残念な忘れもの。

P1040601

ご丁寧に、木の枝にぶら下げて…。

楽しませてくれた自然に感謝して…。
という気持ちは、さらさらなかったんでしょうね。

きれいな川が、泣いてますよ。

と、ここで書いても、まったく状況は好転しないんでしょうが。
どうしたら、こんな残念なことが起こらなくなるのか。
どなたか、妙案をおもちではありませんか。

夏が来ると、川遊びの方も増えて、自然豊かな湯来で暮らすことを誇らしく思うのですが、こんな残念な忘れのをたくさん目にすると…。

最後に、野に咲く花を紹介して、今回のブログを終わります。

P1040605

大山地の滝の入口に咲いていた、クサアジサイ。

花は、何にも言わずに、そっと、野に咲いていました。

 
この滝シリーズはまだまだ続きます。お楽しみに!


では、また。
 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください