思い出の地

先日、三次、光源寺に蜂蜜を買に行きました。

光源寺養蜂園
いつも行く光源寺養蜂所でお土産にリンゴを頂き。

三良坂の佐々木豆腐店で昼食。
2012011411080000[1]2012011411090000[1]

妻とのいつものコース。


義母と同居するようになって
1年、義母を連れて今回3度目

実は三良坂は91歳の義母の母親の出所。よく、遊びに来ていたそうだ。

戯れに、義母の思い出の地に行ってみる。

今は、他人が住んでいるその場所を尋ねてみる。

不確かな記憶の中の思い出の場所へ車を走らせる。

しかし、今日は少し違っていた、佐々木豆腐店で化粧直しをした、義母。

昔の記憶が鮮明になったのか、いつものように車を進めると。

・・・ここに交番があって、旅館があって、いつもここまでバスで来て、と記憶をたどる。

“車を降りて歩いてみたい。”“場所を確認したい。”

確かこのあたりに、友達がいた。

友達の家を尋ねてみたいと言い出した。

表札を見ながら探してみたがそれらしい家は無かった。

義母は突然、古びたお店の中に入っていき、奥から出てきた人に昔の事を尋ねて見る。

もうその時代を知る人はすでに無くなっていた。

しかし、幸運にもそこでいろいろ懐かしく想い出話が出来た。

義母の青春時代の思い出の地。

年老いた義母の記憶の中にある大事なものがこの地にある。


ここを尋ねた事の喜びも。義母はすぐに忘れてしまうのですが。


一瞬、思い出の世界に浸れたことは幸せだったように思う。


故郷とは違う、別の思い出の場所。私には何箇所あるだろうか。

DSC01562
DSC01561

青春は終わってしまってはいるが?


湯来はきった私の大事な思い出の地になるだろう。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください