2015 湯来のホタル情報!! ⑱ 飛びます!飛びます!まだまだ、ホタル!!


帰ってきた

1したたかです。

伏谷ホタルロード」(勝手に命名)続き、昨夜(7/10)もホタル観賞に行ってきました!

hotaru_map[1]

向かった先は、もうひとつのホタルロード、「湯来温泉ホタルロード」

いつもは、チャリでホタルロードの入口まで行って、そこからてくてくホタルウォーク!となるんですが、今回は、家からてくてく歩いて行くことに。

P1030082

湯来温泉旅館街入口の「♨歓迎 湯来温泉」の看板のところに着いたのが、夜の7時51分。この看板に向かって右側の道をちょっと歩くと、「湯来温泉ホタルロード」が始まります。

P1020591
※写真は昼間に撮影

旅館「河鹿荘」をすぎたあたりから、ホタルは飛び始めます。
いつもよりちょっと早めのスタートだったせいか、まだ飛び始めの時間でホタルは、ぽつりぽつり。

P1020631
※写真は昼間に撮影

全長約1.8kmのホタルロードの終点につくころには、ホタルはたくさん飛んでいましたよ。

そうそう、今年は、何度もこの「湯来温泉ホタルロード」を歩いたんですが、今回初めて、あるホタルにあうことができました!!!

P1030087

10年近く前に作られた「秘 湯来町 ホタルMAP」。

P1030088

湯来には三種類のホタルがいるんですが、大きい順から、「ゲンジボタル」、「ヘイケボタル」、そして、「ヒメボタル」。

じつは、一番ちいさい「ヒメボタル」が飛んでしました!!
場所は、湯来温泉ホタルロードの終点のちょっと手前の左側の木立。

「ヒメボタル」は、幼虫の時期を川の中で過ごす「ゲンジボタル」や「ヘイケボタル」と違って、一生を陸で過ごします。光りかたも、他のホタルと違って、フラッシュのように一秒にニ、三回、チカチカと点滅しながら飛びます。光の色は、ゲンジ・ヘイケと比べると、より黄色で、地域によっては、「キンボタル」とも呼ばれているそうです。

ヒメボタルのメスは、羽が小さく退化して飛べないので、葉や木の光ながら歩き、オスは、飛びながらメスを探すので、地面に近いところが、光ります。

この三種類のホタルを同時にみられる場所は、全国的にも珍しいそうですよ。

ホタルロードを通り過ぎた先で、ちょと休憩して、また来た道を帰ったんですが、ホント、ホタルがたくさん飛んでいました!! 時計を見ると、時刻は夜の9時。

この湯来温泉ホタルロードは、9時頃がオススメ!ですよ。

P1030086

この看板のところまで戻ってきたのが、9時20分。これにて、今夜のホタルウォーク!!は終了。

この後、40分ほど歩いて家に帰りました。

さすがにピークは過ぎてしまいましたが、まだまだホタル飛ぶ湯来!!
ぜひ、いらっしゃいませんか?

では、また。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください