湯来で、麦踏み! 

こんにちは。

IMG_5905

したたかです。

 

突然ですが、

皆さん、「麦踏み」ってしたことがありますか。

 

そう言えば、麦踏みってしたことないなぁ

と、先日急に思い立ち、

湯来町で、麦踏をさせていただけるところは

どこかないものか

と、うろうろ。

 

カフェ・べーカリー「BAKURO」(麦浪)に伺うと…。


IMG_5936


「この前、終わったんですよ」と店主の原田さん。


残念。

IMG_5938

写真だけでも、と畑に伺いました。


「BAKURO」で出されるパンは、

湯来で育てた麦で、毎朝その日の分だけつくられます。

この成長中の小麦が、パンになっていただけいるのは
7月ごろから。


すくすくと元気に育ってください、小麦くん。


BAKURO(麦浪)

住所:広島市佐伯区湯来町伏谷656-1
TEL:0829-86-0883
営業時間:10:00~18:00
定休日:月曜日

「BAKUROU」を後にし、
湯来ロッジ方面に向かって歩くと


IMG_5852

右手に「蛍の宿」の看板。


IMG_5857

ここにも麦が。


さっそく、「蛍の宿」の会長の上原さんを訪ね、


あのぉ~、麦踏みをやらせてもらえませんでしょうか…。

「ああ、2月に終わったんよ」と。

 

またまた、残念。

「蛍の宿」では毎年、113日を麦の種を蒔く日
とされているそうです。


「文化の日で祝日じゃけぇ、休みの人も多いし、
 忘れんでしょ」と。


昨年、113日に種を蒔かれた麦が


IMG_5850

ただいま、ここまで育っています。

この麦は、小麦ではなく実麦とか。

「この実麦が、蛍かごを作るのにええんよ」。


麦わらは蛍かご作りの材料に。
そして、実は、麦味噌作りの材料に。

蛍のシーズンになると、

「蛍かごづくり体験」(500円)ができます。

その様子は

こちらの、動画をどうぞ。

htt
p://blog.livedoor.jp/tonarino_satoyama/archives/51450990.html


体験は毎年、620日ごろから。

金曜日・土曜日の夕方からと、日曜日の昼間。

会場は「蛍の宿」の麦畑の側にある

「伏谷文化センター」。

 

ところで、なぜ麦踏みをするのか?


「麦を踏むとね、根が張って、元気な麦になるんよ。

 わたしらが子どものころは、麦畑もここらには多かったんよ。

 よお麦踏みをやったもんよ」と上原さん。

 

「麦は踏まれて強くなる」


て、ことなんですね。


この麦、5月のゴールデンウィークのころになると

穂も出て何とも言えない

輝くような青々とした麦になるんだとか。

 

今年も蛍はたくさん飛びますかねぇ、と向けると

「今年もね、カワニナが多いんよ。

じゃけぇ、たくさん飛ぶよ、蛍」

 

IMG_5979

蛍のエサでもあるカワニナが多いということは、

今年もたくさんの蛍に逢えそうですよ。

6月終わりごろが、早くも楽しみです。

 

IMG_5887

蛍かごを手に上原球樹さん(左)、上原栄子さん(右)。


球樹さんが持つ巨大蛍かご(風鈴つき)に驚いていたら


「まだまだこれよりゃ~、大きいんもあるんよ」と。


子どもがすっぽり中に入るくらい、だとか。


こんど、見せてくださいね。

と、お願いして帰りました。

 

あ、そうそう。


湯来には自家製パンが食べられるお店が

数軒あるんですが

そのパンをボクが食べ歩くという

うれしい企画(自費、ですが)、

『湯来パン!!』(仮称)が、間もなく始まる予定です。

IMG_5670R0013171

IMG_1616

お楽しみに。

ボクも楽しみです。

 
では、また。




Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください