湯来パン!!                            ~パンを訪ねて三千里。正確には9.039里~                しんた屋編 その⑤

こんにちは。


したたか2

したたかです。

さて、「湯来パン!! パンを訪ねて三千里。正確には、9.039里」
「しんた屋」編、最終回。

オープン当初はパンの種類も少なかった「しんた屋」さんですが
今では、一日約30種類の焼き立てパンがお店に並びます。

R0017069

メニューも二ヶ月に一回作り直し、

そのたびごと8~10種類の新作やリニューアルパンが登場。

新作パンを考えるのは、ゆかりさんの担当。


「毎回、新作パンを考えるのは大変だけれど、楽しい時間です」
と、ゆかりさん。

特に、毎回新作を作るスコーンは、
苦楽しい(くるたのしい)そうです。


一個90円の値段を上げず、これまで作られたスコーンは数々。

シリアルヨーグルトスコーン、ブルーベリースコーン、

紅茶のスコーン、キャラメルスコーン、オレンジスコーン、
紅茶とイチジクのスコーン、などなど。

人気商品のひとつでもあるようで、すぐ売り切れることも多いとか。

実際、うかがった日に出して頂いた
シリアルヨーグルトスコーンがおいしかったので、
買って帰ろうとすると、すでに売り切れになっていました。


二ヶ月に一回変わるメニュー表作りの担当は

ゆかりさんの高校三年生の娘さんの沙也さん。

季節に合わせたイラストがメニューを華やかにしてくれます。


イメージ (36)
イメージ (35)

イメージ (34)イメージ (31)

いいですね、イラストが描ける娘さんがいて、と向けると、

「できあがったイラストに、ダメ出しをしたこともあるんですよ」

と言って見せていただいたのが

幻のボツメニュー表。本邦初公開。


イメージ (33)

男の子の背負っているランドセルや学生服の色目が暗い、
というのがボツ理由。
そして、書き直して採用されたのがこちら。


イメージ (32)

確かに四月のうきうきと華やぐ感じがよく出ています。


ちいさなかわいらしいショーケースの中に並ぶおいしそうなパン。

R0017070R0017071

R0017073R0017072


どれにしようかと迷う時間も楽しいですね。

パンにはなるべく、地元の食材をと、
地元砂谷牛乳を使われています。
そして、雨の日は、パンが10%引きになるという
うれしいサービスもあります。(※食パン・ジャムを除く)


R0017087

チーズパンとリンゴとブルーベリーのパン。

R0017092

チーズがたくさんチーズパン。

R0017090

りんごとブルーベリーのパン。

R0017085

枝豆チーズと黒ゴマ豆パン。

R0017091

黒ゴマと黒豆が入った黒ゴマ豆パン。

R0017089

枝豆とチーズが入った枝豆チーズ。

R0017088

もっちりガーリック。

毎週火曜と金曜日に、必ず誘い合わせて
歩いてパンを買いに来てくれる、団地のおばあちゃんたちや

150円を手に握りしめて、

お気に入りのパンを一個買っていく、団地の子供たち。


地域の人に愛されるパン屋さんになりたい、
と語るしんた屋さん。

その夢に、確実に一歩一歩近づいているようです。


***************************

手作り工房 しんた屋
住所:広島市佐伯区杉並台5-2
TEL:0829-86-2523
営業時間:11時~18時30分
定休日:日曜・月曜

R0017064

さて、
次回の「湯来パン!! パンを訪ねて三千里。正確には、9.039里」。
訪れるパン屋さんを決めようと

R0017473

例によって、NPO事務局の廣田さんに
サイコロを振ってもらいました。

R0017474

コロコロと転がり

 出た目は

R0017475

ピーターパン

二週間以内にてくてく歩いてうかがいます。

ピーターパンさんへ。


では、また。




















 

 

 

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください