映画「森聞き」って知ってますか?              11月5日の「市民が育む森づくりシンポジウム」で上映!!               湯来の林業体験は11月26日。

こんばんは。


したたか2

したたかです。


R0020205

湯来特産品市場館のそばにある

R0020486

湯来をまるごと体験!新しい交流と発見の場
「湯来交流体験センター」に

ぶらり、と行きましたら。


R0020610

「市民と市政」


広島市の広報誌を、発見!!!!!!!!!


手に取り、パラパラとめくると!!


シンポ案内 (1)

「市民が育む森づくりシンポジウム」。

映画「森聞き」上映、森づくりの事例発表、

意見交換会があるとか。

南区民文化センター(南区比治山本町)
市民が育む森づくりシンポジウム
11月5日土曜日

写真
映画「森聞き」の一場面

◆時間:午後2時~6時
◆内容:映画「森聞き」上映、森づくりの事例発表、
             意見交換など
◆申し込み方法:はがきかファクスに、住所、
   氏名(複数参加の場合は代表者のみ)、電話番号、
  参加人数を記入し、10月24日月曜日(必着)までに、

  森林課(郵便番号730-8586 住所不要)へ。先着500人
問い合わせ先:森林課(電話504-2249、ファクス504-2259)

!? これは…!!

と、湯来で林業体験などをされている
「ふるさと探検隊」の代表、

宮本三千雄さんに電話をすると…。


そのシンポジウムの意見交換会の
パネリストとして参加されるとか。

シンポジウムで上映される映画「森聞き」

morikiki


検索してみると…。

http://www.asia-documentary.com/morikiki/index.html

映画では、4人の高校生が、
それぞれ日本各地の山村に暮らす老人たちを訪ねた。

「森の名人」と呼ばれる人たちの人生と技を
聞き書きするためだ。


綱一本で杉の大木に上り、良質の種を採集する
76歳のおじいちゃん。

小学校3年生のころから焼き畑を続けてきた
85歳のおばあちゃん……。


そんな老人たちの言葉は、意外なほど
まっすぐ高校生たちの心の奥底に届く。


監督はこの方。

shibata_syouhei_kantoku

柴田昌平さん。

宮崎県椎葉村で焼畑をやられている
椎葉クニ子さんをとりあげたNHK「クニ子おばばと不思議の森」
(9月25日放送・10月6日再放送)も
この監督の作品でした。

これは、いかねば!!

と、早速申し込みました。

この、シンポジウム。
締め切りがせまっています。

お申し込みは、お早めに。


そうそう。

「湯来ふるさと探検隊」では、
今年の秋も林業体験を開催。

わくわく山あそび

「湯来の恵みで遊ぼう 林業体験 わくわく山遊び」。
昨年の様子は、こちら。

http://blog.livedoor.jp/tonarino_satoyama/archives/2010-11.html?p=2#20101124

今年は、ヒノキの間伐体験とヒノキの間伐材にナメコを植菌。
そのホダ木を自宅で育ててみよう!! という内容に。
お昼は、飯盒炊爨。そして、あったか鍋!!

こちらも、ただいま参加者募集中です。


では、また。


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@


「湯来の恵みで遊ぼう 林業体験 わくわく山遊び」


日時:1126() 9時~16

集合場所:佐伯区役所湯来出張所 駐車場 830分集合

募集人員:小・中学生20名 先着順(原則保護者同伴)

内容:ヒノキの間伐、ナメコの植菌

参加費:700

申込み・お問い合わせ:湯来西公民館 TEL 0829-85-0087

申込み締め切り:1115日 




 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください