湯来の古道をのんびり歩く「江戸の湯来を歩く」。 湯来温泉のまわりを歩きませんか?


帰ってきた

1したたかです。

今日の湯来町。どうやら終日雨のようです。

P1030090

雨に打たれて、ちょっとうなだれている「ネムノキ」や、足元には、「ネジバナ」。そんな季節です。

らせん状に花が咲くこの「ネジバナ」。

140727_nejibana_6

ササユリさんのこのブログによると、ランの仲間のこの花は、右にねじれて咲く花も左にねじれて咲く花もあるんだそうです。

140727_nejibana_3

なかには、ほとんどねじれていない、ほぼ直線に花が咲くのも。

ねじれない素直なネジバナ…。

ねじれるのが素直なネジバナなので、この場合は、

素直じゃないネジバナ、でしょうか。

さて、話はがらりと変わって、広島藩の絵師 岡岷山(おかみんざん)はご存じでしょうか?

13yunoyama_b[1]

時は、1797年の江戸時代。岡岷山は、広島城から山県郡都志見村(旧豊平町)にある「駒ヶ瀧」を目指して写生旅行に出かけます。その8日間の道中を記録したのが「都志見往来日記・同諸勝図」です。

「諸勝図」に40枚の絵が描かれていますが、そのうち湯来を描いたのは、なんと15枚!!

18bikunose1_b[1]

その岡岷山が描いた江戸時代の湯来の風景を訪ねて、古道をゆっくり歩くツアー『江戸の湯来を歩く』をほぼ毎月開催しています(冬期のぞく)。
20150326143751_00001
4月16日(木)の「湯の山コース編」。

10491102_680736465333285_966738675002979167_n[1]

5月27日(水)には、「石ヶ谷コース編」を歩きました。

20150326143731_00001

新緑がまぶしい春の石ヶ谷峡でした。

10365977_466496670161091_6068174203074605250_n[1]

こんどの「江戸の湯来を歩く」(通称、『えどゆき』)は湯来温泉ミニコース編。

20150713131509_00001

湯来温泉(当時は、多田村温泉と呼ばれていました)の周辺の古い道を歩きます。

「都志見往来日記」多田温泉(現広島市佐伯区)の写真

今回は、ミニコースということで、歩く距離も短いんですが、湯来でのんびりした時間を過ごしてみませんか。

この「えどゆき」には、♨入浴券もついています。
湯来ロッジ湯の山温泉館のいずれかの♨が選べます!

22312_957380224293970_4781612950762048476_n[1]

歩いた後は、♨でババンバ!バンバンバン!! ハビバノノ!!してください(ちょっと、古すぎましたね)。

そうそう、「ネジバナ」の花ことばは、「思慕」だそうです。

では、また。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
江戸の湯来を歩く

日時:7月17日(金)10:30~12:30
参加費:1000円(温泉入浴券込み)
定員:20名
お申込み・お問い合わせ:湯来交流体験センター
TEL:0829-40-6016

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください